CB400SBとアコードとカメラ

フォグランプ装備

フォグランプ付けました。左右でこんな感じ。
3時間くらいかかったか…ずっと中腰。
リレーハーネスの形や長さを見た上で、セオリー通りに。
キー連動用の線も付いてたので心配無用です。
他、ロック式配線バンド、耐熱シリコンゴムテープ、スパイラルチューブ等々使ってます。

結局、配線はハーネスに付いてる簡易図だけを頼りに直感です。
汎用的な事しか書かれてないし、ドコに付けてどう配線するかは付ける人次第です。
図の示す線が、CBだと何処のドレが最適か…を配線しながら自分で判断する必要がありました。
間違うとエンジンの熱にやられたりショートしたりします。
とりあえず、フォグが下方にあるので、配線はエンジンやラジエーターの熱が伝わる箇所を避けて
上方に持って行き、ハンドル付近(ON/OFFスイッチもあるので)からタンク下通してバッテリーに。
デタラメに明るい。ヘッドライトとほぼ同じ色温度してます。

比較してみた。上がヘッドライトのみ。下がフォグ点灯。

写真だとイマイチですが、全く見えなかったゴミが見えたりと、、、
下方が随分明るいです(右の光軸ズレてるような)
低速でウロウロする時も便利そう。

なんかCBに色々付けちゃったり、他、趣味に突っ走ってますが、
それに伴って…検索で来ちゃった人はすいません。(単語によってはgoogle1ページ目に…)
作業しだすとスイッチ入っちゃって経過写真撮る余裕が無い上…
具体的な事をあまり書いてないのでロクな参考にならないですね。。。
私も下調べする時、検索されたページで多々そう思うw

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中