CB400SBとアコードとカメラ

キャノン MP970

プリンターを6年ぶりに買いました。
前のは富士ゼロックスのWORK CENTRE 1151Jです。
複合機が流行り出した気がする・・・頃の複合機です。
黒顔料でモノクロ印刷が速いんで、コピーや文章印刷、スキャナーで超便利でした。
カラーは3色一体のカートリッジで、3色どれか無くなったら交換というコスト(?)。
最近は印刷の時、たまに紙が送られなくなり、インクだけ出したりズレたり・・・
インクもあまり近くの店で見かけなくなったし。
 
今回購入の判断材料としては、
・まず複合機(前のより機能が削れるのは論外)
・LAN接続(USB繋がってるPCをイチイチ起こしたり、重い複合機を運びたくない)
2つで相当絞られます。エプソンかキャノンか…ぐらいです。
黒顔料、自動両面印刷、スペック、そして置くスペース。色々見た結果、キャノンのMP970を購入。
注文して、2日後に東京から到着。佐川超速過ぎ。
 
本体のボタンとかメニュー画面の内容とか全く見ないで買いましたが、起動速いし、ナビゲーションとシンプルなボタンで気が利いてます。
箱型のデザインで後ろの給紙も閉じれるので、埃で紙が行かなくなったりはなさそう。
各所の設計にスキが無いというか、箱状態がカッコイイ。
 
中に「いかにも」な写真用紙がお試しパックされてました。
ほとんど写真を印刷しない人間で、感覚(とプリンタ)が古い為、画像が粒々としてて、
いかにもプリンタで印刷しました的になる印象を持ってました。
これはどんなもんかと…とりあえず試しにお気に入りの猫を・・・。
 
で、出てきた物を見て、おもむろに立ち上がり、そのままバイクをとばし、
家電屋で光沢ゴールドをL版400枚とKGサイズ100枚買ってきました。
そして、延々と猫写真を吐き出させる(ご満悦)。
現像の写真と見分けがつかない。わざわざ紙だけを買いに行かせるショック。ヤックデカルチャー。
L版なら200万画素の携帯で撮ったものでも十分。1200万画素のデジカメで撮った画像なら、もう言う事無い。
 
次は何を出そうか…プリンタ屋の策にしっかりはまってますが、これは元を取ったと思う。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中